リプロスキンでニキビ痕治療

Web限定!!  先着1,000名様

特別価格&送料無料!! 

60日間、返金保証 まずは、お試し下さい。

>>>リプロスキンの公式サイト

ゼニアオイエキス

ゼニアオイ(銭葵)という花は、地中海沿岸が原産ですが、江戸時代に日本に帰化した後、野生化して、ずいぶん繁殖しています。河川敷や高架橋下の荒れ地などでも、見かけることができる意外に身近な植物です。

ゼニアオイ

ゼニアオイ

ゼニアオイ

ゼニアオイ

えっつ、こんな雑草みたいなエキスが
リプロスキンの成分なんでしょうか。
なんか、効き目なさそうな感じです。

 

ちょっと待って下さいよ。
実は、ゼニアオイに非常に良く似た植物に
ウスベニアオイ(薄紅葵)という植物があります。

 

ゼニアオイの葉は、ほぼ円形で切れ込みが浅いのに対して、
ウスベニアオイの葉には、切れ込みがある。
また、両者には、全体に粗い毛があるが、
ゼニアオイの茎には、毛が無いものが多い。

 

ウスベニアオイ

ウスベニアオイ

ウスベニアオイもゼニアオイと同時期に日本に渡来し、
やはり、野生化しています。

 

ゼニアオイは、ウスベニアオイの変種として、分類されます。

 

ウスベニアオイとゼニアオイですが、見かけが似ているだけでなく、
呼び方もいろいろあり、ややこしいです。

和名 ウスベニアオイ ゼニアオイ
学名

Malva sylvestris

 

Malva : ゼニアオイ属
sylvestris : 野生の

 Malva sylvestris
 var. mauritiana
 Malva : ゼニアオイ属
 sylvestris : 野生の
 mauritiana : インド洋の
        モーリシャス島の

アオイ科 Malvaseae アオイ科 Malvaseae
ゼニアオイ属 Malva ゼニアオイ属 Malva
英名

common mallow,
high mallow,
blue mallow

tree mallow

植物の学名はラテン語で表記されるんですね。

 

Malva(マルバ)は、ギリシャ語の「malache(柔らかくする)」ということばが語源です。

 

地中海沿岸のギリシャ人やローマ人は、
この植物の物を柔らかくするという性質を
そのまま植物の名前にしたんですね。

 

リプロスキンには、お肌の柔軟性を高める効果がありますが、
リプロスキンに配合されている
ゼニアオイエキスの効果かもしれませんね。
粘液に、ものを柔らかくするような性質があるのを表していますね。

 

おそらく、リプロスキンの製造元である天真堂のホームページでは、
ゼニアオイエキスについてこう説明しています。
(http://www.tenshindo.ne.jp/sauveur11/)

 

マロウとも呼ばれるこの植物は、16世紀イタリアで万能薬とされ、粘膜の保護・修復効果・美肌効果(保湿・柔軟作用)があると言われています。アルプス地方の伝承医学でも珍重され、スイスアルプス地方で栽培されたこの植物を厳選し、原料として使用しています。

 

ゼニアオイ(銭葵)も、ウスベニアオイ(薄紅葵)も、
非常に似ているから、
成分だって、効能だって似ているはずです。

 

でも、アルプス地方で栽培された植物を厳選していると聞くと
なんだか、効果がありそうっていう気がしますね。

 

ウスベニアオイから抽出されたエキスでも、
ゼニアオイエキスっていうんですね。

 

そしてこのウスベニアオイですが、
英語ではマロウとか、コモンマロウと呼ばれます。

 

ごぞんじの方もいらしゃると思いますが、
このマロウの乾燥花は、ハーブティーとして有名で、
「夜明けのハーブティー」とも呼ばれています。

鮮やかな青から紫に変色 そしてレモン果汁でピンク色に

マローブルー

マローブルー

ほんとうに、鮮やかで、透き通っている色ですネ。

 

このマローブルー、効能のほうも抜群です。
鎮静作用、気管支炎、喘息、花粉症、便秘の改善。
流石(さすが)、16世紀のイタリアで万能薬とされただけのことはあります。
(ハーブティー薬草データベース URL:http://www.hyakka-saen.co.jp/marouburu/marouburu.htm)

 

TOPページへリプロスキンでニキビ痕治療