リプロスキンでニキビ痕治療

Web限定!!  先着1,000名様

特別価格&送料無料!! 

60日間、返金保証 まずは、お試し下さい。

>>>リプロスキンの公式サイト

「大人の皮脂」とのつきあい方

顔のテカリが気になりだす、この季節。メイク直しをしても、すぐに顔がテカってしまう・・・なんて悩まれている方も多いのでは!? ニキビに悩んだ思春期の皮脂とは、明らかに異なる大人の皮脂。皮脂の分泌が過剰になりすぎても、不足しても、肌悩みや肌トラブルを引き起こしてしまう原因に・・・。皮脂なんていっそ無いほうがいい!なんて思いますが、皮脂は肌にとって必要不可欠。今回は、化粧崩れやテカリを引き起こす、けれどなくてはならない皮脂についてお話します。

 

皮脂が原因で起こる肌の悩み

皮脂

■にきび

 

皮脂による肌トラブルで、上位に入るニキビ。皮脂のバランスが崩れ、必要以上に皮脂が分泌されて毛穴につまる。そして、その周囲が炎症を起こし化膿するのがいわゆるニキビ。年齢に関係なくニキビが出来るメカニズムは基本的には同じですが、大人と思春期では肌の状態が異なるため対処法も異なります。

 

■毛穴の目立ち

 

毛穴が目立って見えてしまう原因は大きく2つ。
1つはたるみ。年齢とともにハリが失われると、毛穴は開きやすくなります。
もう1つは、毛穴に詰まった皮脂や汚れの落とし忘れ。毛穴に詰まった皮脂は残っているとそれが酸化してしまい、黒ずみの原因になってしまいます。

 

湿度と気温が上がってくると、メイク崩れが起きやすくなります

 

■メイク崩れ

 

過剰な皮脂は基礎化粧品のなじみを悪くさせたり、メイク崩れを招く原因になります。
朝もしっかり洗顔したはずなのに、会社について鏡を見たら小鼻がすでにテカテカ。メイクもよれてしまい、慌ててメイク直し・・・。
気温や湿度が上がり始めるこの時季は皮脂の分泌も盛んになるため、いつもより早くメイク崩れが起きているように感じます。

じゃあ皮脂はなければいいのか?

あると何かと困りものの皮脂。では、肌には不要なのでしょうか?
私たちの肌は、汗と皮脂とでできた天然のクリーム=皮脂膜が肌表面を覆っています。これにより、外の刺激から肌を守ったり、肌から水分が逃げないようにしたり、雑菌が繁殖しにくいようになっています。
ところが皮脂が足りないとこの皮脂膜がうまく作れないため、肌は刺激を受けやすく潤いを保てない肌になってしまい、ニキビやメイク崩れなどを招きやすくなります。肌が健やかな状態でいるために皮脂は欠かせない存在なのです。

 

皮脂とうまくつきあうには?

■皮脂と水分のバランスが大切

皮脂

以前にも話したように、10代をピークに年齢とともにひたすら減少する水分量に対して、皮脂量は個人差はありますが10代から増えて30代前半でピークを迎えます。(「ニキビの原因は肌の水分量と皮脂量がカギ」)
皮脂トラブルの原因の多くはこの皮脂と水分のバランスをうまく保てないことにあります。そのため、肌の状態に合わせて水分や油分の補給をしっかりおこない、水分と皮脂のバランスを保つことがとても大切。ベタつきが気になるからといって、クリームなどの油分を避けるのはよくありません。ベタついている=潤いが足りている、とは違います。水分が不足していると肌は自分で潤おうと皮脂を出すので、ますますテカりやベタつきを招いてしまいます。また水分を化粧水で補給しても、油分が不足していると皮脂膜がつくれず乾燥は改善されないのです。

 

(1)自分の皮脂バランスを確認する

 

メイク崩れやテカリが毎日気になるわけではないし、肌の皮脂分泌が過剰なのか、不足しているのか分からない・・・。という方も多いのではないでしょうか?これまでも何度かお話させていただきましたが、肌の状態は日々変化します。特に、女性は生理などにより不安定になりやすいもの。
朝の洗顔後、化粧水だけ塗って、自分の皮脂バランスをこまめに確認するようにしてください。5分も経たずに皮脂が浮いてきたり、逆に乾燥してきたら、皮脂バランスが崩れている可能性があります。
自分の肌を知るためのヒントとして以前お話した『大人のニキビが出きやすい肌とは?』もご覧ください。

 

(2)肌に合わせたお手当てを

 

皮脂が気になる人も、乾燥が気になる人も、スキンケアの対処法は同じ。とにかく「徹底的な保水」の後、水分を逃がさないために「クリームでフタ」、これがポイントです。皮脂が過剰な人は、皮脂を落とすことに気を取られがちですが、皮脂を落とした後の「保水&クリーム」が大切なのを忘れないでください。
テカりやベタつきが気になるとついついごしごし念入りに洗顔をしてしまいそうですが、それでは解決できません。大人の肌は水分が不足しているため、余計に肌トラブルを。すぐテカるけれど、部分的にカサついているという“隠れ乾燥”の方は、保湿ケアをしっかり行いましょう。

 

(3)皮脂バランスを整える生活習慣をプラス

 

野菜をたくさん摂るなど、バランスのいい食事を心がけて
皮脂バランスを整えるためには、スキンケアだけでなくバランスの良い食生活も重要です。
油ものの食べすぎは、皮脂の分泌が盛んになるため注意。動物性脂肪を摂りすぎないよう意識して、野菜や豆類、良質なタンパク質などを積極的に摂るようにしましょう。
そして食べたものがちゃんと消化され、いらなくなったものが排泄物としてちゃんと出ていく。この流れがスムーズであることも皮脂バランスを保つためには大切です。デトックス効果や便通を良くする食材など、少し意識しながら毎日食べるものを選んでくださいね。

 

・デトックス効果のある食べ物

 

たまねぎ、こんにゃく、にら、ブロッコリー、海藻など 

 

・便通を促す食べ物(繊維質の豊富な食べ物)

 

寒天、こんにゃく、ごぼう、サツマイモなど

 

大人の皮脂は年齢による肌状態の変化だけでなく、身体の不調や疲れ、ストレスなどの精神的なものでもバランスを崩しやすくなります。
食生活のバランスだけでなく、リラックスしたり疲れを癒すことで気持ちのバランスを整えることも大人の皮脂とうまくつきあうポイントです。

 

リプロスキンでは、まずお肌を柔らかくして、
充分な下準備を整えるそうですよ。

 

これは、おそらく、リプロスキンの
ゼニアオイエキスの効果だと思います。
ゼニアオイエキスの効果で、お肌にしっとり潤いがでますね。キット。

 

そして、リプロスキンの保湿成分、
ホメオシールド、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸。
これらが、クリームの役割を担っていますね。おそらく。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は脂ですよね。

 

それに、リプロスキンの8つの美容成分を閉じ込めている
基本素材のレシチンは、リン脂質で脂肪ですね。

 

TOPページへリプロスキンでニキビ痕治療

 

前のページへ戻るリプロスキンでお肌の基礎作り